多様性はチカラー”iroiro Book Fair inあーすぷらざ” 展示のお知らせ

When:
2019年2月25日 @ 9:00 AM – 2019年3月28日 @ 5:00 PM
Categories:

写真正面

写真アップ

写真ひき

 

 

あーすぷらざでは「国際理解」「多文化共生」「平和」「こども」をキーワードとし、専門図書館である映像ライブラリー・情報フォーラムもそれらに基づいた図書資料等を収集しています。特に、情報フォーラム内の地球市民学習コーナーでは、上記のテーマについて楽しく学べるワークショップ教材等も所蔵しています。
今回は、川崎市主催のiroiro Book Fair「障害の有無や国籍・文化・性別・年齢を超えてつながる、ゆたかで寛容なまちになるように、主に次世代を担う子ども達へ向けてブックフェアを行います。」との趣旨に共感し、「多様性はチカラ」をテーマに展示を行っています。

*川崎市のiroiro Book Fair(イロイロブックフェア)のページ:Colors,Future! いろいろブックフェア 本でつながる川崎の多様性 ~ 次世代へのメッセージ ~

 

ブックリストより、Pick Up!

514diWIOPoL._SX351_BO1,204,203,200_私も「移動する子ども」だった  異なる言語の間で育った子どもたちのライフヒストリー

川上郁雄∥編著(くろしお出版  2010年5月)

著名人へのインタビューを通して、 外国ルーツの子どもたちの言葉・アイデンティティの形成を追う。自らの中に複数の文化・言語背景を持つことで揺れ動き、葛藤しながらも、それを肯定していく姿が描かれている。

 

 

61jd+cQa04L._SX396_BO1,204,203,200_

レインボーフラッグ誕生物語 セクシュアルマイノリティの政治家ハーヴェイ・ミルク

ロブ・サンダース∥作 スティーブン・サレルノ∥絵 日高庸晴∥訳(汐文社 2018年4月)

ゲイであることを公表して出馬し、公職についた最初のアメリカ人のハーヴェイ・ミルク。彼の作ったセクシュアルマイノリティを誇りとするシンボル”レインボーフラッグ”は今も多くの人に希望を与えている。

 

 

41+YeuCsnEL._SX341_BO1,204,203,200_

虹色のチョーク 働く幸せを実現した町工場の奇跡

小松成美∥著(幻冬舎 2017年5月)

日本のチョークのシェア50%を占める筆頭メーカーであるとともに、従業員の7割が知的障がい者で構成されている日本理化学工業株式会社。障がいの有無にかかわらず、働くことは喜びなのだと気づかされる1冊。

 

 

*ブックリストはこちら:多様性はチカラブックリスト

 
 
日時
2019年1月20日(日)~2月28日(木)
場所
2階情報フォーラム
お問い合わせ
2F 情報フォーラム tel:045-896-2977
ページトップへ戻る