Caohagan――世界で一番暮らしたい「しあわせの島」

When:
2017年1月28日 – 2017年3月20日 all-day
Categories:
Tags:

表

無題

フィリピン・セブ島から小船に乗ってほぼ1時間。手つかずの自然に包まれた、東京ドームと同じ広さの小さな島、カオハガン島。豊かな海洋の自然のなか、島民600人ほどがその恵みに感謝し、必要以上の量を取らずに皆で分かち合う、そんな暮らしを送っています。

運命のようにカオハガン島に出会ってひとめぼれし、島を購入した日本人・崎山克彦。カオハガン島のオーナーとして移り住んでから、25年が経ちます。経済成長が最優先の資本主義社会と対比すると、カオハガン島の暮らしは物質的には豊かには見えません。しかし、島民たちは自然と共にある生き方に誇りを持ち、幸せに暮らしています。

本展では、写真家・熊切圭介が撮影した美しい写真約60点や島民の愛が溢れるカオハガン・キルト約30点を展示し、これまで崎山克彦が島民と歩んできた25年間、現在の暮らしと課題、そして未来への展望を合わせてご紹介します。

何もない、けれど豊かな「しあわせの島」カオハガン。彼らの生き方は、現代社会に行き詰まりを感じている私たちに、新たな価値観を得るヒントを与えてくれるでしょう。

【関連イベント】

崎山克彦 講演会「2050年のカオハガン島への望み」
2017年2月4日(土) 14:00~15:30

フィリピンのデザート ハロハロをつくろう!
2017年2月5日(日) 13:30~15:30

吉川順子 ギャラリートーク「カオハガン・キルトができるまで」
2017年2月19日(日)、3月12日(日) ①11:30~ ②13:00~ 各回30分程度

カオハガン・キルトの魅力にふれるワークショップ
2017年2月26日(日) 13:00~16:00

和田智代 講演会 なぜ今「おむつに頼りすぎない育児」なのか?~カオハガン島から学ぶこと~
2017年3月4日(土) 14:00~15:00

熊切圭介 ギャラリートーク「カオハガン流の暮らしから見えること」
2017年3月5日(日) 14:00~15:00

 
 
日時
2017年1月28日(土)~3月20日(月・祝) 10:00~17:00 ※祝日を除く月曜休館
場所
あーすぷらざ3階 企画展示室
入場料
無料
対象
どなたでも
主催
神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ) (指定管理者:公益社団法人青年海外協力協会)
協力
オリンパス株式会社
お問い合わせ
TEL:045-896-2121
E-mail:gakushu■earthplaza.jp(■を@に変更してください)
ページトップへ戻る