娘よ【共催事業 第17回シネマアース チャリティー上映会】

【共催事業】第17回シネマアース チャリティー上映会「娘よ」

When:
2018年3月31日 @ 10:30 AM – 3:30 PM
Categories:

daughter-hp

上映会チラシダウンロードはこちらから(PDF約1MB)

第17回目の「シネマアース」チャリティー映画上映会は『娘よ』です。
監督・脚本:アフィア・ナサニエル
出演:サミア・ムムターズ、サーレハ・アーレフ、モヒブ・ミルザー
原題:Dukhtar(2014年/ パキスタン映画/ 93分/ 日本語字幕)

◆母と幼い娘の命がけの逃避行が始まる!
パキスタンとインド、中国の国境にそびえ立つカラコルム山脈。
その麓には多くの部族がひしめき合っていた。
そのうちの一つの部族に属する若く美しい母アッララキの生き甲斐は、10歳の娘ザイナブと過ごす時間だった。
だが部族間でのトラブル解決のために、ザイナブと相手部族の長老との結婚が決められてしまう。
アッララキの一番恐れていたことが現実となった。
これで娘の人生は終わってしまう。自分が15歳の時に経験したのと同じように…。
決して抗うことのできない鉄の掟。掟に背く者には死が待つのみ。
だが、意を決したアッララキは結婚式当日、娘を連れて部族を離脱。
一方、対面と誇りを傷つけられた両部族は共同で二人の追跡を開始する。
果たして二人の行方に待つものとは…。

◆全世界で数々の賞に輝く緊迫のドラマ!
監督・脚本・プロデュースはこの作品がデビュー作となる女性監督アフィア・ナサニエル。
知られざるパキスタンの大自然を余すところなく捉え、
山岳地帯に繰り広げられる母と娘の緊迫の逃走劇を描いている。

◆構想10年。実話をもとに決死の撮影を敢行!
パキスタンの村で起こった実話をもとに、10年の準備期間を経て、ついに完成した話題作。
知られざるパキスタンの人々の日常生活を描きながら、山岳地帯の部族間での一触即発の危機をはらんだ撮影を始め、目もくらむような切り立った岸壁など、スクリーンを通して伝わって来る緊迫感は並々ならぬものがある。

※上映会入場料の一部を公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンに寄付させて頂きます。

 
 
日時
2018年3月31日(土)  ①10:30~ ②13:30~ ※30分前開場 上映後トークあり
場所
あーすぷらざ 5階 映像ホール
参加費
1000円(一般・シニア・学生)  500円(小中高生)
対象
どなたでも
定員
各回120名(当日券のみ)
主催
「シネマアース」~映画でつなぐ、地球のこどもたち~
共催
神奈川県立地球市民かながわプラザ(指定管理者:公益社団法人青年海外協力協会)
後援
さかえ国際理解と交流の会(SIS) / さかえdeつながるアート / 栄区文化協会国際交流部
お申込み
当日先着
※詳細は下記にご連絡
お問い合わせ
担当: シネマアース代表 金子
電話番号: 080-5506-2665
E-mailアドレス: emiko8632984@gmail.com
ホームページURL: http://movie.geocities.jp/cinema_earth
ページトップへ戻る