TOMORROW パーマネントライフを探して

When:
2018年3月11日 @ 10:00 AM – 4:00 PM
Categories:

tomorrow-hp

【上映会】TOMORROW パーマネントライフを探して

2016年 セザール賞ベストドキュメンタリー賞受賞
監督:シリル・ディオン、メラニー・ロラン『イングロリアス・バスターズ』『オーケストラ!』
出演:シリル・ディオン、メラニー・ロラン、ロブ・ホプキンス、ヴァンダナ・シヴァ、ヤン・ゲールほか
原題:DEMAIN (ドキュメンタリー/ 2015年/ フランス/ 120分/日本語字幕)

シンプルなライフスタイルがお手本のフランスで110万人が観て記録的な大ヒット!
愛と希望をつないでいく驚きのドキュメンタリー!

なぜ、ドキュメンタリーとしては異例のヒットを記録したのか?
一つの理由は、男女、年代、国境を超えて興味を喚起し、理解してもらうために、メッセージが非常にわかりやすく、斬新でワクワクするかつてない「提案型」のドキュメンタリーであること。本編は、農業、エネルギー、経済、民主主義、教育の5つの章に分けられ、章の終わりには監督ふたりの「トーク」が入り、内容のまとめと新たな疑問が提示され、次の章へと流れる必然性が示される。効果的に挿入される、手描きの図解やイラストも楽しく、旅で出会った自然の美しさ、そこに生きる人々のひたむきな表情や無邪気な子供の笑顔に胸を打たれる。また、オリジナル楽曲を提供した、注目のジャズ・シンガー、フレドリカ・スタールの抒情的なメロディと歌声が深い余韻を残す。

各分野のカリスマの日常的な姿に触れ、彼らの金言を受け取るのも、本作の見どころのひとつ。
イギリスに訪ねたのは、石油への依存と地球温暖化を防止するため、理想的な地域作りを目指す「トランジション・ネットワーク」の創始者ロブ・ホプキンス。彼が暮らす町トットネス独自の通貨を作るなど、経済問題にも取り組んでいる。
インド人の環境保護活動家のヴァンダナ・シヴァ。バイオテクノロジーを厳しく批判し、50万人もの農家に有機農法を教え、環境問題のノーベル賞と言われるライト・ライヴリフッド賞を受賞した。
その他、資源と生態系を守る農法を支援するフランスの作家のピエール・ラビ、タイムズスクエアのデザインを手掛けたことで知られ、近年では環境を重視した街づくりに取り組むデンマークの都市デザイナーのヤン・ゲールらが登場する。
さらに、機械や石油を一切使わないパーマカルチャーを行い、フランスでオーガニックの農場として最も成功しているル・ベック・エルアン、公共の土地に野菜やハーブを植えて共有する英国のインクレディブル・エディブル「みんなの菜園」など画期的なスタイルが紹介され、アイスランド、デンマーク、フランスのレユニオン島などの太陽光、風力、地熱エネルギーなど100%の再生可能エネルギーを目指している国々の今に迫る。
リサイクルや再生エネルギーをすべて自社で行うフランスの封筒会社ポシェコ社、ゼロウェイストを推進するサンフランシスコ、教師の養成に力を入れるフィンランドの教育なども興味深い。
カリスマからごく普通の市井の人々まで、世界を変えようとしている人たちが、こんなにもたくさんいるという喜びと驚きに胸を揺さぶられる2時間の終わりに、私たちがスクリーンから受け取るのは未来を切り開く「バトン」。
すべてのひとに人類滅亡を止められる力がある。
さあ次はあなた、まずは幸せなTOMORROW≪明日≫のために。

 
 
日時
2018年3月11日(日)  ①10:00~ ②14:00~ ※30分前開場
場所
あーすぷらざ5階 映像ホール
参加費
大人400円、小中学生100円
対象
どなたでも
定員
当日先着120名 ※定員に達した場合、入場はできませんので、あらかじめご了承ください
主催
神奈川県立地球市民かながわプラザ(指定管理者:公益社団法人青年海外協力協会)
お申込み
申込不要
お問い合わせ
TEL:045-896-2121
E-mail:gakushu■earthplaza.jp(■を@に変更してください)
ページトップへ戻る