あーすぷらざについて ここから本文

あーすぷらざとは

あーすぷらざとは

“あーすぷらざ”(神奈川県立地球市民かながわプラザ)は、私たちが地球に暮らす一員として、世界の文化や暮らしについての国際理解や国際平和、地球規模の課題について、日々の生活の中で考え、自分にできる身近なことから行動していくための総合的な施設です。神奈川県が1998(平成10)年2月に横浜市栄区(JR根岸線「本郷台」駅前)に設置しました。

※「神奈川県立地球市民かながわプラザ」が正式名称で、“あーすぷらざ”は愛称です。

 

”あーすぷらざ”の3つの目的

こどもの豊かな感性の育成

こどもたちが未来に向かって、「地球市民」の一員として成長していくように、感受性や創造力を育んでいきます。

地球市民意識の醸成

世界の文化や暮らしについての国際理解や、国際平和、地球規模の課題についての認識を深め、地域から行動する「地球市民」としての意識を培っていただけるよう学習の場を提供します。

国際活動の支援

県民のみなさんの国際交流や国際協力活動に対して、情報や活動の場の提供、人材育成などの支援を行って、自主的な活動の輪を広げていくお手伝いをします。

 

“あーすぷらざ”の3つの機能

学習センター機能

世界の国々の生活道具、 衣装、楽器などから人々の暮らしを実感できる「こどもの国際理解展示室」、過去の戦争から未来の平和な社会を考えるための資料を展示した「国際平和展示室」、子どもたちの感性を伸ばす「こどもファンタジー展示室」の3つの常設展示を運営しています。

また、年間をとおして、子ども向け、大人向けのさまざまなセミナー、ワークショップ、映画会、企画展などを開催しています。

情報・相談センター機能

世界の暮らしや文化、時事問題、環境問題、戦争と平和、国際協力活動、多文化共生の地域社会づくりなどをテーマにした映像資料と図書資料を集めた「映像ライブラリー」では、子どもから大人まで、映像作品を視聴し、図書の閲覧、貸出サービスを利用できます。常設展や企画展で関心の糸口をつかんだら、ぜひこの部屋で学びを深めてください。外国人相談窓口として教育・くらし・法律に関するご相談にも対応します。

年間を通して、学生向け、大人向けのセミナーやワークショップを実施しています。

サポート・ネットワーク機能

さまざまな課題を地域から解決するためのNPOや県民の皆様の地球市民学習、国際交流・協力、多文化共生に向けた活動等を支援するため、情報、活動の場、活動機会を提供しています。

ページトップへ戻る