2016年度【県民が見た世界遺産 写真コンテスト】入賞作品発表

SONY DSCSONY DSC 

「県民が見た世界遺産 写真コンテスト」(募集期間:2016年10月1日~12月4日)に、76名の県民の方から203点の作品が集まり、審査会を経て各部門・各賞総計9名の入賞作品が決定いたしました。

審査委員】

三田 崇博 写真家
城島 理子 神奈川県立地球市民かながわプラザ 館長

以下、9名の皆様の作品が入賞されました。(敬称略)

 

【第1部門:世界遺産と川柳】

歴史を未来に伝える文化遺産。地球から生まれたかけがえのない自然遺産。その輝きを撮った写真を、撮影時の想いを綴った川柳とセットで募集しました。

 

●最優秀賞

作品名  涅槃犬

川柳   涅槃仏 見守る前で 昼寝する。

撮影者  佐々木 勲

遺跡名称 古都アユタヤ(タイ)

 

●優秀賞

作品名  「朝の明ける頃

川柳   後光さす 仏とともに 祈る朝

撮影者  岩本 隆

遺跡名称 ボロブドゥル寺院遺跡群(インドネシア)

 

【第2部門:世界遺産と人間】

世界遺産とともに歩む人類。世界遺産のもとで暮らす人、そこに訪れる人。その人々と世界遺産とのつながりを写し出した写真を募集します。

 

●最優秀賞

作品名  「大自然に生きる

撮影者  野見山 大地

遺跡名称 キリマンジャロ国立公園(タンザニア)

 

●優秀賞

作品名  「革職人の街、タンネリ

撮影者  吉田 多美子

遺跡名称 フェス旧市街(モロッコ)

 

●審査員特別賞

作品名  「朝・通勤

撮影者  秦 祐一

遺跡名称 パリのセーヌ河岸(フランス)

 

●あーすぷらざ賞

作品名  「祈りを込めて

撮影者  河原 均

遺跡名称 古代都市テオティワカン(メキシコ)

 

【特別部門:未来に残したい地球の宝】

世界遺産にふさわしい地球の宝をあなたの視点で伝えてください。未来に「伝えたい」「残したい」熱い思いが溢れた写真を募集します。※世界遺産登録物件は含みません。

 

●審査員特別賞

作品名  「希望の丘

撮影者  中野 りりあ

遺跡名称 十字架の丘(リトアニア)

 

●あーすぷらざ賞

作品名  「シンシン」

撮影者  服部 恒子

遺跡名称 マウントハーゲン(パプア・ニューギニア)

 

●あーすぷらざ賞

作品名  「棚田に暮らす」

撮影者  渡部 和範

遺跡名称 サパ地区(ベトナム)       

 

【2016年度県民が見た世界遺産 写真コンテスト作品募集要項】

http://www.earthplaza.jp/ai1ec_event/2016sekaiisan-boshu?instance_id=

以上

 

 

 

ページトップへ戻る